追い込んで見せ場らしきものは作れたが、日本馬は実質完敗。

そう思える第一回コリアスプリント。

コリアカップ同様、2番手追走の馬が前を掃除して押し切る、といういかにもな結果。

勝ったのは香港のスーパージョッキー。

勝負服がまたレインボーでド派手です。

 

とはいえ、日本の7,8歳馬レベルで掲示板となると、来年はモーニンやコーリンベリーをつれてくれば勝負になるんじゃ?と思えます。

地元勢はカップ・スプリントともなすすべなし、な感じでしたが、2,3回と重ねていくにつれてレベルも上がってくるでしょう。

 

日本からはゴールドアリュールの仔も種牡馬として韓国にいますし、サンデーサイレンスの血をぜひ韓国でも輝かせてもらいたいところ。

 

レースは英語実況・1分半の電撃です。

ではどうぞ!

www.youtube.com